So-net無料ブログ作成

年1回点滴静注の骨粗鬆症治療薬を開発へ―旭化成ファーマ(医療介護CBニュース)

 旭化成ファーマは6月14日、スイスのノバルティス社と、ビスホスホネート剤ゾレドロン酸(一般名)について、骨粗鬆症治療薬として日本で独占的に開発・販売する権利を取得するライセンス契約を締結したと発表した。年1回点滴静注の薬剤としてフェーズ1試験から開発を進める予定。承認申請までのスケジュールについて旭化成ファーマの担当者は、数年はかかるとしている。

 旭化成ファーマによると、骨粗鬆症治療薬エルシトニンなどで骨代謝疾患領域において長い経験と実績を持ち、同領域における開発パイプラインのさらなる充実を図る同社と、日本の患者のニーズに応えたいとするノバルティス社の意向が合致した。

 ゾレドロン酸は、破骨細胞の働きを阻害する、ノバルティス社が創製した薬剤。年1回投与の骨粗鬆症治療薬として初めて2005年に欧州、07年に米国で承認を取得。現在、Reclast(米国)、Aclasta(米国以外)の製品名で、世界90か国以上で承認されているという。ノバルティス社の昨年の売上高は約440億円。

 日本ではノバルティス社の日本法人であるノバルティスファーマが、05年から「悪性腫瘍による高カルシウム血症」を、08年からは「多発性骨髄腫による骨病変および固形がん骨転移による骨病変」も適応症として、ゾメタ点滴静注用4mgの製品名で販売している。


【関連記事】
年2回投与の骨粗鬆症治療薬が米国で承認取得
月1回投与の骨粗鬆症治療剤のフェーズ3試験を開始
骨密度増加作用が向上した骨粗鬆症治療薬を承認申請
主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業
骨粗鬆症の検査経験は4割にとどまる―万有製薬

<菅内閣>努力家「蓮ちゃん」 恩師らエール(毎日新聞)
逮捕の警部補を懲戒免職=捜査資料で連絡、わいせつ容疑―新潟県警(時事通信)
蓮舫氏入閣は「テレビ用」=民主・渡部氏(時事通信)
<超軽量飛行機>墜落し大破…操縦の男性死亡 茨城(毎日新聞)
信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)

「児童ポルノ根絶を」 日本ユニセフ大使のアグネス・チャンさんが中井国家公安委員長に要請 (産経新聞)

 児童ポルノの根絶に向けた活動を続けている日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんらが27日、東京・霞が関の警察庁で中井洽国家公安委員長と面会、児童ポルノ画像の単純所持を取り締まる法律の早期整備など、対策を急ぐよう要請した。

 アグネスさんは、「児童ポルノのない世界の実現に向けてがんばっています。児童ポルノは見るだけでも辛い。単純所持を罰する法律がないことについて、各国の大使などからいつも指摘されている」と指摘。

 これに対し中井委員長は、「法務大臣との間では単純所持を禁じることで了解に達している。児童ポルノは世界の恥だ」と延べ、早期の法制化を目指す考えを示した。

【関連記事】
児童ポルノのない世界を ユニセフが会見
ネット流通の児童ポルノ、即時遮断 警察庁など関係省庁合意
改正児童扶養手当法が成立 父子家庭10万世帯に拡大
警察庁vs総務省 児童ポルノブロッキング、手法めぐり対立
悪質業者の取締強化へ 警察庁が児童ポルノ対策会議
虐待が子供に与える「傷」とは?

エコブームに便乗 キリの植林名目で出資金募る 無登録営業で3人逮捕(産経新聞)
日本ユニシス、企業向け教育プラットフォームサービスに英語表示やお知らせ機能を追加
<覚せい剤取締法違反>川崎信金の秘書室長を逮捕 所持容疑(毎日新聞)
エモやん「私は即戦力」“政界巨人阪神戦”に自信(スポーツ報知)
3カ月男児、頭突きされ死亡=傷害致死容疑で同居男逮捕―沖縄県警(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。