So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

年1回点滴静注の骨粗鬆症治療薬を開発へ―旭化成ファーマ(医療介護CBニュース)

 旭化成ファーマは6月14日、スイスのノバルティス社と、ビスホスホネート剤ゾレドロン酸(一般名)について、骨粗鬆症治療薬として日本で独占的に開発・販売する権利を取得するライセンス契約を締結したと発表した。年1回点滴静注の薬剤としてフェーズ1試験から開発を進める予定。承認申請までのスケジュールについて旭化成ファーマの担当者は、数年はかかるとしている。

 旭化成ファーマによると、骨粗鬆症治療薬エルシトニンなどで骨代謝疾患領域において長い経験と実績を持ち、同領域における開発パイプラインのさらなる充実を図る同社と、日本の患者のニーズに応えたいとするノバルティス社の意向が合致した。

 ゾレドロン酸は、破骨細胞の働きを阻害する、ノバルティス社が創製した薬剤。年1回投与の骨粗鬆症治療薬として初めて2005年に欧州、07年に米国で承認を取得。現在、Reclast(米国)、Aclasta(米国以外)の製品名で、世界90か国以上で承認されているという。ノバルティス社の昨年の売上高は約440億円。

 日本ではノバルティス社の日本法人であるノバルティスファーマが、05年から「悪性腫瘍による高カルシウム血症」を、08年からは「多発性骨髄腫による骨病変および固形がん骨転移による骨病変」も適応症として、ゾメタ点滴静注用4mgの製品名で販売している。


【関連記事】
年2回投与の骨粗鬆症治療薬が米国で承認取得
月1回投与の骨粗鬆症治療剤のフェーズ3試験を開始
骨密度増加作用が向上した骨粗鬆症治療薬を承認申請
主力品の伸長もライセンス収入の減少で減収―旭化成・医薬事業
骨粗鬆症の検査経験は4割にとどまる―万有製薬

<菅内閣>努力家「蓮ちゃん」 恩師らエール(毎日新聞)
逮捕の警部補を懲戒免職=捜査資料で連絡、わいせつ容疑―新潟県警(時事通信)
蓮舫氏入閣は「テレビ用」=民主・渡部氏(時事通信)
<超軽量飛行機>墜落し大破…操縦の男性死亡 茨城(毎日新聞)
信頼回復による再出発…所信表明全文<1>(読売新聞)

「児童ポルノ根絶を」 日本ユニセフ大使のアグネス・チャンさんが中井国家公安委員長に要請 (産経新聞)

 児童ポルノの根絶に向けた活動を続けている日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんらが27日、東京・霞が関の警察庁で中井洽国家公安委員長と面会、児童ポルノ画像の単純所持を取り締まる法律の早期整備など、対策を急ぐよう要請した。

 アグネスさんは、「児童ポルノのない世界の実現に向けてがんばっています。児童ポルノは見るだけでも辛い。単純所持を罰する法律がないことについて、各国の大使などからいつも指摘されている」と指摘。

 これに対し中井委員長は、「法務大臣との間では単純所持を禁じることで了解に達している。児童ポルノは世界の恥だ」と延べ、早期の法制化を目指す考えを示した。

【関連記事】
児童ポルノのない世界を ユニセフが会見
ネット流通の児童ポルノ、即時遮断 警察庁など関係省庁合意
改正児童扶養手当法が成立 父子家庭10万世帯に拡大
警察庁vs総務省 児童ポルノブロッキング、手法めぐり対立
悪質業者の取締強化へ 警察庁が児童ポルノ対策会議
虐待が子供に与える「傷」とは?

エコブームに便乗 キリの植林名目で出資金募る 無登録営業で3人逮捕(産経新聞)
日本ユニシス、企業向け教育プラットフォームサービスに英語表示やお知らせ機能を追加
<覚せい剤取締法違反>川崎信金の秘書室長を逮捕 所持容疑(毎日新聞)
エモやん「私は即戦力」“政界巨人阪神戦”に自信(スポーツ報知)
3カ月男児、頭突きされ死亡=傷害致死容疑で同居男逮捕―沖縄県警(時事通信)

過労死訴訟 企業トップの責任認定 大庄に7800万円賠償命令 京都地裁(産経新聞)

 全国チェーンの飲食店「日本海庄や」に勤務していた吹上元康さん=当時(24)=が過労で死亡したのは、過重な労働を強いた企業の安全配慮義務違反として、両親が同店を経営する「大庄」(東京)と同社の社長ら役員4人に約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、京都地裁であった。大島眞一裁判長は「労働時間について配慮していたものとは全く認められない」として原告側の主張を認め、約7800万円の支払いを命じた。

 過労死弁護団全国連絡会議によると、過労死をめぐる訴訟で、大手企業のトップの賠償責任が認められたのは初めて。

 判決理由で、大島裁判長は元康さんの勤務先が1カ月300時間を超える長時間労働が常態化されていたことをあげ「企業は元康さんの生命や健康に配慮すべき義務を負っていたにもかかわらず、休憩や休日を取らせておらず何ら対策を取っていなかった」と指摘。

 また、社長らの責任についても「労働時間が過重にならないよう適切な体制をとらなかった」などと過失を認めた。

 判決などによると、元康さんは平成19年4月に入社。「日本海庄や」石山駅店(大津市)に配属されたが、同年8月11日未明、就寝中に急性心不全で死亡した。死亡までの約4カ月間の時間外労働は、月約100時間前後と過労死の認定基準(月80時間超)を上回っており、大津労働基準監督署に労災認定された。

 判決後の会見で、元康さんの父、了(さとる)さん(61)は「判決には満足しているが、子供を返してほしいというのが本音。判決は、過労死に苦しむ他の方々の励みになる」と話した。

 同社広報室は「判決文を見た上で、検討したい」としている。

地方厚生局の必要性「感じられない」―京都府知事(医療介護CBニュース)
少数職員で林道点検4万キロ=受注機会、民間にも―公益法人仕分け(時事通信)
三原じゅん子 街頭演説また“水入り”「雨はヤバいよ、晴れにしな」(スポーツ報知)
ライター 販売規制へ…安全機能を義務化(毎日新聞)
口蹄疫 台湾が宮崎県に義援金(産経新聞)

起訴内容に「間違いない」=民主・小林氏陣営の会計担当者―北教組献金事件で初公判(時事通信)

 昨年の衆院選をめぐり、民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=陣営が、北海道教職員組合(北教組)から違法献金を受けたとされる事件で、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)罪に問われた、陣営の会計担当で自治労北海道財政局長木村美智留被告(46)の初公判が18日、札幌地裁(辻川靖夫裁判長)であり、同被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。
 木村被告は捜査段階で黙秘を続けていたが、4月の公判前整理手続きでは、北教組から現金を受け取ったなどとする起訴内容を争わなかった。公判は即日結審する見通し。
 起訴状によると、木村被告は2008年12月〜09年7月、北教組から選挙資金として計1600万円を受領したとされる。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

「仮面ライダー」マスクを無断販売=著作権法違反容疑、男を逮捕−千葉県警(時事通信)
仙谷・前原氏「政倫審公開を」=小沢氏出席を評価―閣僚(時事通信)
<狭山事件>石川さん支援集会 菅家さんも訴え(毎日新聞)
郵便不正 「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
法廷内で精神鑑定 大阪・住之江の死体遺棄(産経新聞)

<転落死>3歳男児マンション13階から 名古屋(毎日新聞)

 8日午後9時50分ごろ、名古屋市中川区尾頭橋3の14階建てマンションの住民から「ドンという音がして、下を見たら子どもが倒れていた」と119番があった。愛知県警中川署員が駆けつけたところ、13階に住む成田康子さん(27)の長男真来君(3)がマンションの駐車場で血を流して倒れているのが見つかった。真来君は全身を強く打っており、病院で死亡が確認された。同署は真来君が自室のベランダから誤って転落したとみている。

 中川署によると、真来君は康子さんと祖母(52)との3人暮らし。当時、康子さんは外出し、祖母と2人で部屋にいた。祖母が風呂の掃除を終えて戻ったところ、テレビを見ていた真来君がいなくなっていた。ベランダの柵は高さが約120センチで金網が2枚あり、約14センチのすき間があったという。【式守克史】

【関連ニュース】
東京駅:JR東海の55歳社員が転落死 自殺か
転落死:4歳女児、ベッドで跳びはね窓から 兵庫のホテル
転落死:がけから岐阜の男性 三重・塩浜海岸
転落死:マンション12階から4歳児 千葉・印西
天窓事故:小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁

「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)
名神で男性はねられ重傷 事故起こし車外歩行中(産経新聞)
<特別背任>PCI元社長ら 控訴審でも無罪判決(毎日新聞)
<もんじゅ>冷却系配管で高温警報(毎日新聞)
「車に傷」と代行運転手に30万円要求、恐喝未遂容疑で男逮捕(産経新聞)

5月決着向け協力要請=鳩山首相、米大統領に−党首討論(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は21日午後の党首討論で、先のワシントンでのオバマ米大統領との非公式協議の際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「沖縄の負担を軽減させることが結果として日米安保の将来にとっても、いいことになる。5月末までに責任を持つから協力を求めたい」と伝えたことを明らかにした。
 また、首相は、移設問題の決着時期に関し、「5月末までにとの決着の時期を変えるつもりはない」と明言した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権

<小沢幹事長>党内結束を訴える(毎日新聞)
<転落>2階の手すり崩落、生徒2人けが…茨城の高校(毎日新聞)
道路財政特措法改正案 国交委審議メド立たず 首相、大幅修正を否定(産経新聞)
孤独死対策の予算新設で秋に協議会設立―神奈川県(医療介護CBニュース)
カーネーション 新品種名は「花恋ルージュ」、病気に強く(毎日新聞)

無許可ガールズバー摘発=店員は14歳中学生−大阪府警(時事通信)

 無許可で女性従業員に客の接待をさせたとして、大阪府警保安課などは21日までに、ガールズバー経営山木遼平容疑者(22)=大阪市中央区日本橋=を風営法違反容疑の現行犯で、店長中倉嵩人容疑者(22)=同=を同容疑で逮捕した。2人は容疑を認めているという。
 同課によると、山木容疑者らは家出した中学3年の女子生徒(14)を店員として働かせており、児童福祉法違反などの容疑でも調べる。
 逮捕容疑では、山木容疑者らは20日午前1時20分ごろ、接待営業に必要な許可を受けないまま、女子生徒に男性客(36)とカラオケを歌わせるなどした疑い。 

【関連ニュース】
女子中学生にも性的暴行容疑=英会話教室の米国人再逮捕
「性教育の一環」と親から承諾書=女児暴行容疑の米国人男
女子中生に売春させる=容疑で「援デリ」業者逮捕
女児ら数十人に性的暴行か=英会話教室経営の米国人逮捕
元実習助手を児福法違反で逮捕=高校生にみだらな行為

りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
向精神薬、生活保護者に入手させネット転売(読売新聞)
<雑記帳>「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)
首相秘書官が米国務副長官と会談へ 普天間移設問題(産経新聞)
無人駅の運賃ごまかし、百円単位でも刑事告訴へ(読売新聞)

日本創新党 首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)

 山田宏・東京都杉並区長や中田宏・前横浜市長らは18日、都内で記者会見し、地方自治体の首長や首長経験者らによる新党「日本創新(にっぽんそうしん)党」の結成を正式に発表した。党首には山田氏が就き、代表幹事に中田氏、政策委員長に斎藤弘・前山形県知事がそれぞれ就任した。現職国会議員は参加せず「国会議員5人以上」などの政党要件は満たしていない。

 今夏の参院選には選挙区、比例代表で計10人以上を擁立し、5議席以上の獲得を目指す。候補者選考には公募も導入する方針だが、党幹部の山田、中田、斎藤3氏の立候補については明言を避けた。

 山田氏は新党結成の理由について「民主党政権を見ると、政治とカネの問題、日米の同盟関係の揺らぎ、経済や財政の悪化と、放置しておくと日本はあと3年持たない。現状を打破する政党は見当たらず、やむにやまれず立ち上がった」と説明した。5月に結党大会を予定している。

 新党は目指す国家像として「自由で力強い日本」をうたい、基本目標に「国家」「地方」「国民」の自立を掲げた。政策面では法人税、所得税を減税し、国際競争力を高めるほか、道州制の導入や高校以上の学校設置の自由化などを挙げた。

 新党を応援する首長連合には、上田清司・埼玉県知事を代表呼び掛け人に、松沢成文・神奈川県知事や河村たかし名古屋市長ら26人が名を連ねた。会見に同席した上田知事は「それぞれの立場や主義主張を超えて応援する緩やかな連合だ。新しい動きが既成政党に刺激を与え、大きな転換になる。私たちは選挙区は(各党派と)等距離の方が多いが、比例は応援の度合いはいろいろある」と話した。【笈田直樹】

【関連ニュース】
自民:政策テーマを協議
選択の手引:’09衆院選 マニフェスト最終点検/下 国のかたち
ビジネス・経済 『名古屋から革命を起す! たちまち…』=河村たかし・著
県:地方分権・道州制で報告 市町村と協力重視 /宮崎

貧困ビジネス封じ込め、大阪市が申請者囲い込み(読売新聞)
「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)
<山林白骨遺体>00年不明の男性と判明 岐阜(毎日新聞)
小中学校 市町村に教員人事権 文科省、移譲認める(産経新聞)
<参院>藤井懲罰委員長の辞任了承 後任に自民党の浅野氏(毎日新聞)

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(1)(産経新聞)

 □ブルーベリーフィールズ紀伊國屋社長 岩田康子さん

 ■需要見込んで新規就農 でも、一番大切なのは子育てです。

 琵琶湖を見下ろす山の一面に広がるブルーベリー畑は、6月から8月に多くの実をつける。国産のブルーベリーがまだ希少だった27年前、2児を連れ、この地で栽培を始めた岩田康子さん(62)。今では生のブルーベリーやジャムをホテルや百貨店に出荷する傍ら、レストランとパン工房を経営し、年商2億円のビジネスに育て上げた。新しい農業のスタイルを確立するまでの道のりを聞いた。(聞き手 石川有紀 

 −−なぜ、ブルーベリーだったのですか

 岩田 農業を始めようとした27年前は、減反政策が進められていたときでした。お米はもちろん、普通の野菜を作っても新規就農では食べていけないだろうと。だれもやっていなくて、かつニーズがあるものをと考えたときに、かつてフランス料理やお菓子を習っていたときのことを思いだしたんです。生のブルーベリーが手に入らず、米国産の水煮缶を使ったんですけど、甘くも酸っぱくもないの。そのとき先生が、いかに生のブルーベリーだったらおいしいかを熱く語ってくれたのが心に残っていて…。見たことも聞いたこともないあこがれの果実でしたね。生が希少でしたから、需要があるだろうと思いました。

 −−えっ、たったそれだけの理由で…。それにしてもフレンチを習っていたなんて、すごいですね

 岩田 私、23歳で京都の着物の織元に嫁いだんです。敷地は3万5千坪、お茶室もあって四季の美しいお庭でした。そんな暮らしでしたから、ホテルの料理教室でシェフに習っていました。

 −−そんな優雅な生活からどうして大津の山の上へ移ることになったのですか

 岩田 事情があって35歳で離婚しました。周囲は子連れでの離婚に猛反対でしたが、私は大きな家に嫁ぎたかったわけではなくて、夫の元に嫁いだのですから。家に留まる理由がなくなってしまい、出ていくことを決めました。

 −−そうでしたか。でも、どうして経験のない農業を始めようと?

 岩田 事情を知った出入りの造園業の人が、それとなく教えてくれたんです。「大津に売り出される農地があるらしい」って。それで離婚届に判を押してすぐ、2人の子供をつれて山へ行きました。

 −−突然生活が変わって子供たちも大変でしたね

 岩田 長男が10歳、長女が8歳でした。大好きなお父さんと、なぜ別々に暮らすのかわからなかったでしょうね。でも、京都の生活では、おけいこの先生を家で待たせているのに、子供たちはわざと道草してノイチゴをとってきたり、何となく、大人が押しつけることを子供が受け取っていないと。もっと大切なことがあると感じていました。

 −−子育てが一番重要だった

 岩田 私はブルーベリー栽培で生きていくと決めましたが、子供を一人前の大人に育てなければ、いくら事業で成功してもだめだと覚悟していました。これは、元主人との約束でもありました。

                   ◇

【プロフィル】岩田康子

 いわた・やすこ 昭和23年、京都市生まれ、62歳。ブルーベリーフィールズ紀伊國屋社長。大津市を拠点にブルーベリー栽培とジャム販売、レストランなどを経営。同市の成安造形大学内にカフェテリア「結(ゆい)紀伊國屋」、滋賀県高島市に観光農園「ソラノネ紀伊國屋」もオープンし、食の大切さを伝える取り組みも行っている。今年2月には関西財界セミナーで「輝く女性賞」を受賞した。

<別れさせ屋>離婚された女性と交際、殺害…絶えぬ被害(毎日新聞)
観光地「朗報」利用者「戸惑い」 高速上限料金制(産経新聞)
コンビニ駐車場で陰部露出、逮捕の男「思い出せない」(産経新聞)
米ロ調印「世界に朗報」=鳩山首相(時事通信)
<火災>住宅全焼、焼け跡から男性遺体 千葉・富津(毎日新聞)

<火災>交番に落とし物届ける間に、ラーメン店全焼 和歌山(毎日新聞)

 4日午後1時50分ごろ、和歌山県有田川町中井原の広暁(こうき)ラーメン店=石橋広暁(ひろあき)さん(69)経営=から出火、店を含む木造2階建て7軒続きの長屋約500平方メートルを全焼した。けが人はなかった。

 県警湯浅署によると、石橋さんは出火当時、店の前に落ちていた財布を約500メートル離れた交番に届けるため留守にしていた。石橋さんは「火を消して戸締まりをして出た。寿命が縮まった」と肩を落としているという。調理場付近がひどく燃えており、同署で出火原因を調べている。【川平愛】

【関連ニュース】
北海道厚沢部の車両火災:子供乗る後部シート付近で出火か
火災:民家全焼、男女2遺体見つかる 長野・佐久穂
火災:アパートの部屋燃え、焼け跡から2遺体 相模原
火災:塗装工場全焼、出火時は無人 埼玉・戸田
住宅全焼:焼け跡から3遺体…岩手

蓮舫議員「省庁にお伺いを」…1年生仕分け人指導(読売新聞)
改正雇用保険法が成立、派遣の失業給付に配慮(読売新聞)
鳩山首相、普天間移設「最終的に5月末までに…」(産経新聞)
【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定(医療介護CBニュース)
<北海道厚沢部の車両火災>子供乗る後部シート付近で出火か(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。